京都オフィス
*2017年1月7日朝日新聞朝刊総合2面「ひと」欄に当社代表中川博敬が紹介されました。
詳しくは こちら をご覧ください。

どのようなお箸?

病気や怪我、マヒなどで「お箸」が上手く使えなくなったら、「スプーン・フォークで食事をする」とお考えの方が多いと思います。
しかし、例えばお刺身やおそば、煮魚をスプーンで食べることを想像してみてください。きっと「お箸で食べたい!」と思うはずです。
そんな時、「簡単に使えるお箸」があれば、元気な時と同じように食事できます。
「箸ぞうくん」シリーズは、指を「ニギニギ」と動かすことができれば使えるお箸です。
食べることは、楽しみであり、健康の源です。
自分で、楽しく美味しくいただきたいものです。

↑の  再生ボタンのマーク(再生)をクリックすると、動画をご覧いただけます。

クイック案内

新商品

2013年7月グリップシートモネ発売 2012年9月所作・ビーズグリップ・クリアII 発売

簡単に使えるお箸

病気や怪我、マヒなどで「お箸」が上手く使えない方も驚くほど簡単に使えるお箸です。

お子様用のお箸

お子様用のお箸です。症状にあわせた様々なオプションもご利用いただけます。

スプーン・フォーク・食器など

子供用から大人用までの、スプーン・お皿・箸袋などです。

あれば便利な小物・自助具

こんなものも作っています。

お買い物の流れ

商品をお選びいただくところから、到着後の代金お支払いまでの全体の流れを説明しています。

「こんな症状だけれど、使える?」

クリックすると動画が表示されます。手や指が動画のように動けば、箸ぞうくんシリーズをお使いいただくことができます。(※あくまでも目安です。)

箸ぞうくんのこだわり

体重の増加・メンタル面での前向きさなど「お箸で食べる」ことのメリットと、「お箸」についての当社の考えをご覧下さい。

相談室

メールでのご相談も承っております。手の写真画像を添付していただければ、状態がより具体的にわかりますのでおすすめです(携帯の写メールでもOK)。まずはお気軽にご相談ください。

パンフレットダウンロード

●パンフレット全ページPDF(容量:約10MB) ※以下個別ページのPDFがダウンロードできます。
総合紹介「所作」鶴・亀クリアII箸ぞうくんII箸ノ助ナチュラルミニビーズグリップ
足ピタックス・パートナーII表紙・L型・お袋さん・スプーン箸ケース

最新情報

2017. 1   ●●朝日新聞に紹介されました。

>>2017年以降の履歴 >>2016年迄の履歴